トレンドをつかめば大きく利益を出せる

FX取引でトレンドを分析するための指標はいくつかあります。RCI(順位相関係数)は、時系列(日付)とその間につけた値段の高さのそれぞれに順位をつけ、それらの相関関係をもとに売買のタイミングを測るものです。

「時間の順位と価格の順位がまったく同じ」場合は期間が新しくなるにつれて毎日価格が上昇していることを示し、「時間の順位と価格が相関している」ことになり、この場合ではRCIは「+100%」に近づきます。

反対に「時間の順位と価格の順位が全く逆」の場合は期間が新しくなるにつれて価格が下落していることを意味し、「時間の順位と価格の順位が逆相関している」ことになり、RCIは「−100%」に近づきます。このようにRCIは時間の順位と価格の順位の相関関係を数値化したモメンタム・オシレーターです。

ボリンジャーバンドは中央にある「移動平均線」と上下に2本ずつある「標準偏差バンド」から構成されており、統計的に大半の価格がこの標準偏差バンドの中で推移するという前提で、もっとも外側にあるバンド(標準偏差2)に価格が近付けば逆張りをするといったオシレーター分析ツールとして考案されました。

標準偏差とは、データのばらつき具合を示すものです。マーケットの価格が正規分布すると仮定すれば、内側のバンドの中に68%の価格が推移し、標準偏差2バンドの中に95%の価格が推移することになります。最近では、逆張り指標のみの使われ方ではなく、トレンドフォローの指標としても使われています。