自分にとって利益を出しやすい取引手法を考える

FXの取引は、.好ャルピング、▲妊ぅ肇譟璽鼻↓スイング、ぅ好錺奪廚4つに分類されます。それぞれの違いは、1回の取引の時間の長さや、利益の狙い方にあります。まず、,らは為替差益狙い、つまり買った時(または売った時)より売った時(買った時)の方が値上がり(値下がり)していることによって儲けをあげようとするものです。

スキャルピングは相場の動向をリアルタイムで追いかけながら、数秒から数分にかけて1回の取引を終了させるものです。短時間で決済されるために結果が早く出ますが、1回で大きな利益をあげることは難しくなります。

デイトレードは、基本的にエントリーしてから24時間以内に1回の取引を終わらせるものです。取引がチャートを中心としたものになるので初心者にもトライしやすいものですが、相場の流れを読む勘と経験が必要になってきます。これらに対し、スイングは数日から数週間の期間で、比較的大きなトレンドに乗って取引する手法です。

期間がある程度長くなるので、相場が動く範囲も広くなります。証拠金を十分用意するか、レバレッジを低くしてやるべきです。スワップは最低でも数か月、長ければ1年以上にわたって高金利通貨の買いポジションを維持し、スワップポイントを狙う手法になります。スワップポイント狙いの取引では、クロス円の場合、円高が進むと損失が進むというリスクがあります。