通貨ペア毎に戦略を変えよう

FXによる投資・資産運用の戦略のひとつとして、通貨ペアをどのように設定するか?という問題があります。通貨ペアとは、FXの取引において売買する2国間の通貨の組み合わせのことを指します。

FXにあまり詳しくない方でも、FXの取引画面やテレビニュースなどで「USD/JPY」というような表示を見たことがある人はたくさんいるでしょう。

この表示こそがまさに通貨ペアを表しているのです。上記の表示の場合、「USD(先に表示されている通貨)」1単位(つまり1ドル)に対して「JPY(後に表示されている通貨)」でいくらかという表示になります。

ニュース等では「1ドル○○円」などと解説されているのを聞いたことがあるでしょう。FXで取引を行う際には、この通貨ペア選びも投資の勝敗をわけるひとつの大きな要素となります。通貨ペアの組み合わせはさまざまな組み合わせを行うことができ、FXでは日本円と外貨の組合せだけでなく、外貨と外貨の組み合わせの取引も可能です。

ただし、取り扱っている通貨の種類は業者によって多少のバラツキがあるので注意が必要です。米ドルやユーロといった基軸通貨やメジャーな通貨はだいたいどの業者でも取引が可能ですが、マイナーな国の通貨になればなるほど、取り扱っている業者は少なくなります。

投資初心者の方には難しいかもしれませんが、ある程度慣れた人であれば通貨ペアを見越して業者を選定する必要もあるかもしれませんね。